ヤエン

ピトンの打ち方

Pocket

こんにちは、烏賊〇です。

今回は、磯場でのピトンの打ち方について書かして頂きます。

沖磯場常連者さんは、不必要かもしれませんが、これから挑戦しようと

思ってる方たちは、必見と思いますので~。

クサビ鉛の回収は、忘れず行おう

最初に何故?回収?と思われるでしょが、結構重要になります。

直接打ち込む方には、必要ありませんが、たいていの人は使っていると思います。

釣座の情報が筒抜けに

烏賊〇は、磯場での釣りでは、先行者のピトンの痕跡の有る無しを1番に確認します。

理由は、波止場での墨後確認と同じで、先行者がその座で釣っていたと言う事です。

その磯でそこが一番とは、言えませんが選定時間の短縮になります。

最終的に、地形等との総合判断になりますが、重要なヒントになります。

海をきれいに

ピトン鉛は、自然の物ではなく空き缶やペットボトルと同じよう

海を汚しますので、持ち帰りましょう。

鉛の代わりに、竹や木での代替えもありです。

ピトンの種類

中空ピトン

名前の通り、先端部とハンマーで打ち付ける後部以外が中空になっています。

メリットは、安価で軽い

デメリットは、曲がりやすい

ステンレスピトン

先端部から後部までオールステンレスで、自作している方は結構います。

メリットは、結構安価で曲がりにくい

デメリットは、重い、長尺のが無い

 

チタンピトン

オールチタンで出来ていて、軽さ、強さ、お値段も最高です。

メリットは、軽くて曲がりにくい

デメリットは、高価

烏賊〇的ピトンの打ち方

前の記事で簡単にふれましたが、今回は詳しく説明します。

ピトンの打ち方も人それぞれですが、

烏賊〇的打ち方を紹介させて頂きます。

使用道具は、ハンマー、ピトン、ハーケン、クサビ鉛です。

ピトンにクサビ鉛を装着

先に磯場に差し込む方もいますが、烏賊〇は、最初に装着します。

ハーケンを差し込む

クサビ鉛と割れ目の隙間にハーケンを差し込みます。

クサビ鉛のフラットの部分とハーケンのフラット部分を合わせるようにします。

斜めや、あたってる部分の面積が少ないと、ピトンが緩んでぐらぐらになります。

ハーケンを打ち込む

ピトン本体が動かないくらいハーケンをハンマーで打ち込みます。

手を叩いたり、強打しないように注意して下さい。

ピトンを打ち込む

この時点では、ピトンとクサビ鉛がきいて無いため、

駄目押しで、ピトンをハンマーで打ち付けます。

打ち付けたら、ピトン&ハーケンに緩みが無いか確かめます。

緩んでる場合は、再度打ち付けるか、場所を変更して下さい。

以上で完了です。

ピトン打ちに必要な物

ハーケン

磯場では、ピトンを打ち付ける隙間は一定でないので、

隙間を埋め固定する為に使いますし、付属しているリング等で、

ロープで尻てベルトを繋いで置くと、竿の紛失のリスクが軽減されます。

クサビ鉛

ピトンの先&ハーケンの先の変形防止に役立ちます。

左が1年使用と右が未使用です。

ステンレスハンマー

さびにくいステンレスをお勧めします。

竿受け

1受と2受がありますが、手持ちスタイルでない方は2受の方を

お勧めします。

せっかく磯場に来ているのですから、他の釣りもしたいですよね?

2受なら、ヤエンのアタリが出ても、もう1受ありますので、竿を

そちらに置いて、ヤエン釣りに入れます。


1受

2受

もし、ヤエンを2本出す場合は、違うピトンで別の場所でするようにしましょう。

2受で2本出すとトラブルの素です。

にほんブログ村 釣りブログ ヤエン釣りへ
にほんブログ村

Follow me!

Pocket

-ヤエン

Copyright© 烏賊〇広場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.