ヤエン

偏光サングラスの選び方

Pocket

こんにちは、烏賊〇です。

さあ、まだまだ暑い日が続いていますが、秋の新子が釣れはじめているようで、

エギングに行こうと思っています(ヤエンにはまだ早いかな?)

釣行時、偏光サングラスは掛けていますか?

ベテランの方は、当たり前の事と思いますが、🔰の方は大変重要なので、

お覚えておいてください。

ヤエン釣りに偏光差グラスは必要?

 烏賊〇的に必要です

夜間のヤエン釣りには、メリットは少ないですが日中ではメリットだらけです。

どの様なメリットがあるかと言いますと、海中のシモリが把握できる(あまり深すぎると無理です)

海底のシモリが把握できると、ランディング等の組み立てが安易になります。

視野範囲に烏賊がいる時、ヤエンに掛かっている、烏賊を発見しやすくなります。

発見する事により、見た情報がプラスされますので、釣果に繋がりますし、

ラインも見やすくなります。


 

どの様な、タイプがあるの?

1、サングラスタイプ

通常のサングラスで多くの方が使われています。

その為に、レンズのカラーが多くラインナップされていますし、

価格の方も1000円~高価格の物まであります。

フレームも色々ありますので、自分の好みが選びやすくなります。

 

2、オーバーグラス

主に眼鏡使用をしている方が眼鏡の上から装着するタイプです。

こちらの方は、デザインの選べる幅は少ないですが、

レンズに度を入れるより、安価になります。

視力の変化によりレンズの交換は、高くつきますので、

烏賊〇はお勧めできません。

また、ツバの付いた帽子をかぶらない人には、お勧めです。

理由は、覆いかぶさった状態なので、光が入りにくくなって見やすいです。

 

3、バイザータイプ

こちらの方は、ツバ付きの帽子のツバ部に取り付けるタイプです。

オーバーグラス同様、眼鏡を使用している方用ですが、

違和感なく装着できます。

レンズからの距離があり、光が入って若干見えにくくなりますが、

無いよりマシ程度と思ってください。

 

レンズのカラー&材質

使用頻度の高い物は拘った方がいいと思います

レンズのカラーはたくさん有りますが、烏賊〇的に3種類に分けてみました。

カラーが濃くなるほど、水中の視野が悪くなりますが、水面のギラギラが

少なくなります。

人それぞれ、見え方が違ってきますので、合った物を探してください。

ライトグリーン系

朝まずめの光量が少ない時は、色が薄いので水中が良く見えますが、

日中の光量が多い時は、光の乱反射で見えにくくなります。

雨天時、まずめ釣行だけの方には、お勧めです。

 

ブラウン系

日中の光量の多い時は、反射で見えにくいですが、

コントラストを高める効果があり、シモリ等が際立って見えます。

オールラウンド的に使えるタイプです。

 

スモーク系

まずめ時は、光量が少ないので、見えにくいですが、

不必要な雑光を少なくなり、ナチュラルな視界が広がります。

日中の光量が多い時はお勧めです。

 

ミラー加工レンズ

このレンズは、基本のレンズカラーより少し光の反射を防ぎ、

見やすくする効果があります。

例えば、光量の多い日中の見え方で

ライトスモーク<ライトスモーク+ミラー<スモークの

順番に見え方が変わってきます。

また、コーティングですので、傷には注意して下さい。

レンズの材質

レンズの種類は、大まかに3種類あります。

ガラスレンズは、ゆがみが無くクリアーに見え、寿命が長く

デメリットは、重量と破損

プラスチックは、衝突耐久性(中)と軽さ

デメリットは、ひずみと寿命の短さ

ポリカーボネートは、衝突耐久性(大)と軽さ

デメリットは、ひずみ(烏賊〇は酔います)

 

注意事項

車の運転中や移動時に偏光サングラスをかけている方もいると

思いますが、かけている時とかけてない時では遠近感が違いますので

事故、怪我の恐れがありますので気を付けてください。

出来れば、必要時だけの使用をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

Pocket

-ヤエン
-,

Copyright© 烏賊〇広場 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。